怖い話投稿サイト 怖話

kowabana2

怖い話投稿サイト 怖話は、その名の通り怖い話を紹介するユーザー投稿型サイトです。

紹介されている怖い話は現在約2万本。無料会員登録を行うと怖い話の投稿、コメントの追加を行うことができます。

怖話アワードというものがあり、毎月ユーザー評価で投稿された怖い話がランキングされます。

1位には毎月Amazonギフト券5000円分が贈呈されているようです。

投稿型なので、常に新しい怖い話を読むことができる他、

ド定番の有名作品も特選ページでまとめられているので、そちらで閲覧できます。

kowabana3

怖い話を読む際は表示切替が可能で、

文章をそのまま普通に表示する以外に、雰囲気を出して徐々にクリックでスクロールさせて読むこともできます(笑)

kowabana5

サイト内での有名作者ごとの作品もまとまって読むことができ、コメント欄での怖い話を読んだ後の議論などもできるので、

怖い話好きにはもってこいのサイトだと思います。

怖い話もカテゴリー別、長さ別などに分類されており、その日の気分に合わせた話をチョイスしてみてください。

話以外にも、怖い漫画・画像、心霊スポットレビュー、ニュースに都市伝説、怖いグッズ販売など

これでもかというほど怖い要素てんこもりのサイトになっていますので、心霊好きの方は是非訪問してみてください。

関連記事


コメント

    • たま
    • 2017年 4月 15日

    初めて文にしますので誤字脱字あるかもです!

    それでは…

    事のはじまりは電車事故から始まりました

    僕の家はある田舎のごく普通の町です!

    あれは僕が幼稚園の頃 実家から150メートルくらい先にある幼なじみの家で遊んでる時でした!

    確か土曜日の昼3時くらいでした!

    ドーンととてもない音とともに友達の家の窓ガラスが振動し皆 一瞬何があったかわからず事の真相を探るべき幼なじみと幼なじみの両親と慌てて外にでました!

    幼なじみの家は少し高台になっていて外に出てみると僕の実家の所に電車が止まっておりすごい煙がでていました!

    ただ実家の後ろに電車の先頭が隠れており幼なじみの家から見た感じじゃ僕の実家に電車が突っ込んだ様な感じに見えました!

    幼なじみの親がすぐさま僕の実家に電話をしましたが繋がりません

    僕は少々不安になりながらも田舎の何もない日常に起こった異変に少し戸惑いながら興奮していました!

    幼なじみの親が電話が繋がらないことに焦りながらとりあえず家に帰るよと言われ手をひかれみんなで駆け足で実家に向かいました!

    両親は無事でした

    家につき初めて電車事故という事がわかりました!

    家の坂を駆け足で上り目についた光景は燃え上がる車が庭の目の前に電車の先にのめり込む様な形で庭先の線路で燃えていました

    電車の2列目 3列目くらいは脱線しており中から乗客が僕たちを見ているような感じでした!

    庭には親父がおり幼なじみのお父さんが電話が繋がらないからと親父の肩を平手で叩いてました

    子どもながらに自分の両親を心配してくれていたのがわかりました!

    親父いわく 電車事故が起こってすぐ近所の人から電話ラッシュだったみたいです!

    電車の中の人たちはまだ車両内に取り残されており次第に救急車両や警察の方などがうちの実家にきました!

    その当時は幼くあまりわからなかったですが事故車両が僕の実家の前にあり車をユニックで吊りたいみたいなのですが実家の前に線路があり向かいは田んぼだったため僕の実家の庭からユニックで事故車両を吊り庭に下ろすしか方法がなかったみたいでその了承を親にとりにきたみたいでした!

    親父は2つ返事で了承していました

    すぐに庭にユニックが入ってきて事故車両を吊り上げる準備が始まりました

    僕は両親に部屋にもどる様に言われましたがガキ大将みたいな僕は両親のことを聞かず最終的には警察の方に家の中に入れられました!

    家にはいりすぐに庭の前の部屋に行き窓からその光景を見てました

    幼稚園の時の僕からみたら車は車には見えなくおっきなサッカーボールみたいに見えました

    車を吊り上げ庭に下ろすまでの数分間かな?…
    サッカーボールみたいな車からずっとオイルなのかガソリンなのか血液なのかずっとなにかしらの液体が滴り落ちてたのを覚えています!

    庭に下ろすとすぐにブルーシートで四方囲まれ車から遺体の回収作業が始まりました

    様子は見えませんが車両を切断する音がずっとつづいてました

    その時には両親も家の中に入ってきていて様子が見えない台所に連れていかれてたので音しか聞いてません

    しばらくして家のチャイムがなり警察の方が親父にありがとうございましたと言って作業の終わりを知りました

    事故車両はなくなっており庭には丸く大きな染みがありました

    それが何の染みかはわかりませんでしたが…

    次に警察の方が電車に取り残された人たちを電車内からだしていました!

    頭から血を流してる人など多数いました!

    当時 携帯などなかったので数名の方が家の電話を借りにきたのを覚えています

    乗客がいなくなると事故車両の電車を別の電車が牽引してその日の慌ただしい1日は終わりました

    夜の9時すぎくらいだったと思います

    亡くなったのは当時 近所に住む20歳くらいの女性だったみたいです

    友達を迎えにいく途中だったみたいで僕の実家の数十メートル先にある踏み切りに進入したところ電車と出逢い頭の事故でした

    非常に悲しい事故でした

    すべての悪い偶然が重なり起きてしまった事故です

    女性があと10秒前か10秒後にその踏み切りを通れば事故は防げました

    まず事故の原因は警報器は鳴ってたみたいですが遮断機が壊れていて降りてこなかったのが事故の原因です

    女性は窓を閉めきっており音楽をかけていたため警報器には気付かなかったみたいです

    もし窓をあけていたら…
    昼じゃなく夜だったら遮断機が壊れていても警報器には気づいたはずなのに…
    踏み切りに入るタイミングが10秒ずれていれば‥

    自分の両親が嘆いていたのを覚えています…

    事故の話はここまでです

    正直 ここからが語りずらく文章が分かりにくくなると思います

    では改めて…

    期待に添えないかもしれませんが暫くは僕にはなにも起きませんでした

    その後 小学校を卒業し 中学に入り 高校は行きませんでした

    17歳になり初めて心霊体験をしました…

    当時恥ずかしい話 世間一般的に言う不良と言われていました

    中学もろくにいかず遊びっぱなしの生活を中学を卒業してからしていました

    中学の時に夜 家をよく抜け出しては地元の先輩たちと夜遊びしていてそれをとめようとした親は実家にセンサーライトを四方八方つけており誰かきたらライトがつく仕組みになってました

    17歳になった僕には関係なかったですが中学を卒業して親も僕の事は諦めてたんでしょうがセンサーライトは健在でした!

    当時 僕の部屋は電車事故を見ていた庭先の部屋でした

    その日は夜 悪友たちと心霊スポットである地元のトンネルに行く事になってました

    夜10時にいく約束でしたが10時前に連絡したら悪友達はパチンコをしており11時前くらいに部屋に来ると言いました

    ファミレスで飯だけ食べてくるからそれから行こうと…

    電話をきって数分後の事でした

    ベッドで寝転がっており携帯を触っていたら部屋の例の大窓をノックされました

    こんこんこん…

    俺(開いてるから入れよ)

    ………

    当時友達は家にきても部屋の窓から入ってきてたので日常の事でしたが部屋には入ってきません

    そしてまだ10時過ぎくらいだったので一緒に遊びに行く約束をしてた友達にしては来るのが早すぎます…

    普段 10人くらいでつるんでたので他の友達かな?と位にしか思わなかったでした

    そしてすぐさままた窓をノックされました

    バンバンバン

    ???
    なんか先程よりも強く悪意のある叩きかたでした

    俺(おい 開いてるから入れって言ってるだろ)

    少々 短気だったのでカーテンの先の見えない人物に怒鳴りました

    …………

    返事がありません

    入ってこないとこを見ると友達ではないのはわかりました

    誰か自分のことを呼び出しにきたかな?と思いました
    心当たりもあったし

    僕はイラつきながら窓のほうに向かうためベッドから起き上がりカーテンに手をかけたその時でした

    ドンドンドン

    今度はガラスが割れるんじゃかいかなってくらい窓を叩かれ

    俺(誰や!)

    叫びながらカーテンをあけました!

    ……

    夜だったため街灯などないし部屋の大窓に自分が映ってるだけでした

    僕はすぐさま窓に顔を近づけその正体を探りましたが目についたのは母親の乗る車があるだけでした

    ???

    窓を叩かれてすぐの出来事なので車の後ろに隠れるのには正直無理があります!

    とりあえずいらだってた僕は大窓をあけてそこから車の後ろを確認しました

    誰もいません……

    部屋が角部屋だったので右側に隠れてるかなと家の右側に回り込むとセンサーライトがつきました……

    あれ?

    そう 僕の家には僕脱走防止用のライトがついてることに気づきました

    実家にくるには僕の部屋から見て左側にある坂を登ってこないと家にはこれません……

    坂のほうの入口をみると勿論センサーライトはついてません

    母親の車が止めてる場所はちょうど事故車両をおろした場所です

    怖くなり慌てて部屋の大窓からでてきたのを忘れ玄関に向かいました……

    追い討ちをかけるように玄関のセンサーライトがつきました

    ダッシュで部屋に戻り大窓の鍵をかけカーテンをしめました

    なんだったんだ?
    正直 心霊話とか好きだけど僕自信 あまり信用してません

    ただただ不思議な間隔でした

    暫くして11時を回ったころ今度はちゃんと友達がきました

    最初は友達をやっぱり疑ってましたが友達なんかは本当に違うみたいでした

    僕だけがもやもやしながら心霊スポットに行く事になりました

    その日のメンバーは7人いました

    当時 僕の実家には近くに港町があり田舎だっため漁師たちの車をよく拝借して遊んでました

    皆 顔見知りのような田舎なので漁師たちは車を空き地にとめてるけど鍵もほとんど付けっぱなしなんで車でいこうとみんなで単車で港にいきました

    港につくとその日は軽トラの鍵付きがありました

    みんな無免許 中には高校に行ってる友達もいましたが若さとノリで前にふたり 荷台に5人乗り込んで心霊スポットのトンネルに向かいました

    心霊スポットの特長は全長700メートルほど

    山の中にあり横幅は3メートルくらいしかなく対向車がくるとどっちかがバックで下がらないといけないような窮屈なトンネルです

    普段使われてないので対向車がきたら同じ様な心霊スポットめぐりをしてる人というイメージがありました

    トンネルには2ヶ所 車がすれ違えるようにひらけたスペースがトンネルの途中にあります

    最初トンネルに入り何事もなく通り抜けました!

    みんなで休憩中をしてまたトンネルを通って帰ることにしました

    トンネルに入り暫くすすみ出口に近づいてました

    出口まであと200メートルくらいかな?ってとこで前から車のハイライトがみえました

    ちょうど僕らの近くにトンネルのひらけた場所があったので車を寄せてとまりました

    前に目をやると車のハイライトが見えません

    ライトを消したかな?って思ったけどまだ入口まで200メートルくらいあるしバックででるのはかなり厳しいのでクラクションをならしたりパッシングをして前に来いと言う意味で合図をしました

    物の10秒たらずでしたがなんかおかしいとみんないいだしたのですぐに車を前進させました

    車はば3メートルくらいしかない真っ暗なトンネルですよ?
    出口まて200メートルはあると思いますが出口まで全速で車を飛ばしましたが車一台 人一人いなかったでした

    軽トラに乗ってた友達7人みんなライトの光をみたんですがね……

    これがこの日に起こった2回目の不思議な経験でした

    みんなで車を返しに行った時には午前3時すぎ

    そのまま家に帰りベッドに入りました

    正直めっちゃびびってて部屋の窓に背をむけていつの間にか眠りについていました

    寝ていると窓の外からの話声で目が覚めました

    なんか女と男が話しているような……

    僕は天井を見ながら目をあけていました

    寝ぼけながらに声のほうに目をやろうとすると体が動きません

    正直パニックです 目だけは動くんですが声すらだせません

    横目で窓を見ようとするとカーテンがなびいてるのが雰囲気でわかります 

    なぜかテレビも白黒の画面で
    ザーって音が大音量でながれてます

    いつもなら親がうるさいと部屋に怒鳴り込みにくるのに……
    なんでこないんや((泣))

    こんな感じで半泣きです

    声がでないため部屋の壁を叩いて sosを送ろうと手に力をいれますが動きません……

    やがて見えはしませんが何者かが大窓から部屋に入ってきました

    僕の視界に入らないように気配だけを感じさせながら……

    ついには寝てる僕の枕元までその何者かがきたとき目が合うと思い目を瞑りました……

    ばーん

    体に自由が戻り僕は部屋の壁をその反動で思い切り叩いてました

    奥の部屋から慌て母親が部屋に入ってきました

    めちゃくちゃ安心しました

    気づくとテレビも消えてるしカーテンも動いてません やはり鍵もかかっていました

    内心 母親に一緒に寝ようといいそうになるくらいびびりあがってました

    不良も形無しです(笑)

    母親に何があったかきかれました

    僕は心霊スポットに行ったのを伏せてその日あった事を話しました

    10時くらいに部屋を3回叩くノックで三回されて誰もいなかったこと

    今 現在起きた金縛りのこと誰か入ってきた気配のこと‥

    母親は溜め息をつきました……

    とりあえずあんたが寝てる方向は北枕だからやめなさいって云いました

    わかったと素直に返事し秒で枕の位置をかえました

    もう寝ようと思いベッドに座っている母親に目をやりました

    無言で早く寝室に戻れよと言う意味を込めて……

    だが母親は出ていきません

    ちょっと座りなさいと……

    なにかな?と思いながらも普段の母親とは違う雰囲気だったのでベッドに腰掛けました

    母親は一呼吸置いて

    電車事故の事をきりだしました

    あなたは幼稚園の時の電車事故をおぼえてる?って

    僕の家の回りには五軒くらいしか他の家はありません

    そのうちの一軒が亡くなった女性と同級生の家でした

    女性がなくなり1週間もしない日の夜です

    女性の同級生が2階の部屋でジュースを飲んでた時に
    ふと窓の外から

    いいなぁー 私も飲みたいなぁ

    と声がして同級生が窓に目をやると窓の外に亡くなった女性がいて
    ふっと消えたみたいです

    勿論 2階で人が窓の外にたてるはずもありません

    同級生がその事を自分の親に話し近所の五軒の家の皆でお祓いに行ったことを聴かされました……

    当時 僕たちは幼稚園で怖がるといけないからと大人たちだけが知っている事でした

    お祓い先のお寺では坊さんにすぐに言われたみたいです

    若くでいきなりの事故で亡くなって正直 成仏させる事ができませんと

    だからあの子の幽霊がこの辺にはいるんだよって言われて全身鳥肌がたちました

    まぁ 結局は落ちもなく僕の心霊体験?はこれで終わりです

    話は変わります 類似の話でこの話の続きになります!

    僕がみた話じゃないので聞いたまた書きます

    そでは……

    また数年がたたったときの話です

    僕は18で結婚しました

    それから数年し22歳のころには嫁と別居生活をしていました

    今までの行いが悪いので僕の親は僕が愛人をつくってると疑ってましたね

    そんな中 夜に実家に一人で帰りました
    実家に置いてあった洋服を取りに行こうと

    家に帰ると当時高校生だった弟が風呂に入ってました

    僕は両親がいる台所で飯を出してもらって食べてるところでした

    弟が風呂からあがってきてトランクス一枚で台所にでてきて

    兄ちゃんCD貸してって言うので車のダッシュボードから取っていいよと言うと弟はトランクスのまま外にでていきました←回りには全然 家もないような田舎なんで(笑)

    弟が外にでていきまたご飯を食べ始めました

    すると玄関から弟がなにか怒鳴りながら台所にやってきました

    親父がどうした!?って話かけるのも無視して僕に食ってかかってきます

    家族全員ポカーンでした

    何を怒ってるのか家族みんなわからなかったですが
    僕が なんやおまえ?何を怒ってるのよ?というと

    弟がいいます

    おまえ女連れてきてるならいえや トランクスででだろ!?

    親父と目があいました

    親父無言で外にフルダッシュ 母親もそれを見てフルダッシュ

    ん?

    いまだに僕は意味がわかりません

    両親が家に入ってきました

    弟に誰もいないぞって言ってます

    その時 両親が僕が愛人を車に待たせてると思ったんだなと悟りました

    でも弟はまだ怒ってます

    弟が両親に説明してます

    弟が玄関をでて車に行こうとしたら僕の車の助手席に乗っ取り女と目があったそうです

    一瞬 家に引き換えそうと思ったけどトランクス姿も見られた後だしもういいやって車にむかったそうです

    助手席側が近かったけど女の人がいるからって事でわざわざ運転席に回り込んでドアを開けたって言ってました

    こんばんわと声かけても無言で睨まれてたみたいで
    もうさっさとCD取って家にはいろうとダッシュボードに手をのばすと助手席の女はまた無言で覗き込むように睨んできたみたいです

    あとはさっき話したように家に怒りながら入ってきたみたいです

    親も寝て弟の部屋にいきました

    弟にさっきの話をしに

    僕は弟にさっきのあれなに?まじで女の人がいたの?と確認しました

    弟ははっきりと女がいたといいました

    ずっと睨まれてるんだよ?何を勘違いするの?って

    逆に弟が僕に本当は女連れ込んでたでしょ?と聞いてきました

    僕はいいました

    今なら親も居ないし正直に話せるけどまじで一人で帰ってきたぞ!
    このタイミングでウソつく必要ないだろ?と……

    弟納得しましたがならあの女なんだろう?って不思議がってました

    これで僕の心霊話?は終わりです!

    落ちもなく不甲斐ない文章ですみません

    ただ本当に幽霊がいるのか僕にはわかりません

    いまだにあの部屋をノックした正体をしりたい

    トンネルで皆でみた謎の光の正体を知りたい

    金縛りにあったとき外で話をしていた男女の正体を知りたい

    部屋に入ってきた謎の正体を知りたい

    弟がみた助手席からにらんでる女の正体が知りたい

    僕の素直な気持ちです 
    きっと死ぬまで……死んでもあれらがなんだったのかは僕にはわかりません

    作られた話じゃないので落ちもありませんが僕が知ってる真実はここまでです

    ノンフィクションです!

    最後までありがとうございました

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

name:はっと
都内在住の20代です。
当サイト「Hat tap!!」は面白いWebサイトを紹介するサイト紹介サイトです。ネット上の新サービス、トレンド話題やおすすめ商品などについてもぼちぼち書いています。

各種依頼やお問合せはメールフォームよりお願い致します。

ピックアップ記事

  1. 2018-6-16

    オシャレが苦手な人ほどWEARを使え!便利な使い方を解説!

    今話題のファッション系サイト、WEARとは? WEARはZOZOTOWNで…
  2. 2018-4-15

    料理は”配信”する時代に。遠隔地に料理を転送するプロジェクト『OPEN MEALS』が面白すぎる。

    通信技術は人類の歴史とともに発展してきました。離れた仲間に煙で情報を知らせる狼煙に始まり、モールス信…
  3. 2018-3-18

    【2018】ジャイアンツ戦の視聴方法・一番お得なサービスを調査!

    3月30日についに開幕する2018年のプロ野球ペナントシーズン。皆さん試合視聴の準備は完了しています…
  4. 2018-2-16

    【2018年】最近話題の無料動画共有サイトおすすめ10選!

    インターネットの歴史の中でも長い間ユーザーに愛されてきた動画サイト。ネットの普及とともに、動画サイト…
  5. 2018-2-10

    ワイン好きにおすすめ!Amazonのワイン飲み比べセットがお得すぎる!

    ワインはAmazonでお得に購入できる! こんにちは。日々の生活で必要な物のほとんどはAmazon…
  6. 2018-2-5

    【2018】読売ジャイアンツ(巨人)開幕戦情報・チケット発売日まとめ

    宮崎春季キャンプ第1クール最終日。最高気温が7.3度の発表も、冷たい北風が吹き荒れ、寒さを感じる…

ピックアップ記事

  1. 今話題のファッション系サイト、WEARとは? WEARはZOZOTOWNで…
  2. 3月30日についに開幕する2018年のプロ野球ペナントシーズン。皆さん試合視聴の準備は完了しています…
  3. インターネットの歴史の中でも長い間ユーザーに愛されてきた動画サイト。ネットの普及とともに、動画サイト…
  4. ネットを使って暇をつぶそう! このページに来ているということは、あなたは今「暇だな」と感じ…
  5. ジャンル別、Amazonのおすすめ商品100品を全力紹介! 今までの自分のAmazon人生…
  6. 動画配信サービスは無料トライアルで食い逃げしろ! こんにちは。hattapです。今回この記…
  7. 本当に使えるTwitterの関連サービスまとめ こんにちは。今回は今までにこのサイトで紹介したもの…
  8. 今までに紹介した便利・面白い・人気サイトまとめ! こんにちは。もうすぐこのサイトでサイト紹介を始め…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る